Route359

友達が泊まりに来るからと、急遽部屋を掃除し始めた次男。大掃除あるあるで片付け中に漫画に見入るという悪循環。で、何を思ったか今まで置いてあった簡易テーブルを部屋から出し、テーブルの上においてあった本を床に直置きした。それも背表紙が上。 写真撮っておけばよかったー えーっ!なんだそりゃ。仕方ない作るよ・・・・優しい母(笑)。

ガレージで材料を物色。パレットを解体して長尺物は保管してたので多分、本棚作るくらいはあるだろうよ。コレコレこの山。



丁度いいサイズの物を引っ張り出し、汚いので電動カンナをかけ表面をキレイに。寸法出しして丸ノコで切り出し、オイルステインで塗装。うわーーーかなーり反ってる・・・・。まぁ良いだろう。んな長く使わないよね。乾燥させてちゃっちゃと組み立ててぴったりサイズの本棚完成。

IMG_7852.jpg

木材がボロなので古材感満載です。見えないけど(笑)。

コレを見た娘、『私の部屋にも本棚欲しい』と。えーーーーこの前、エレクターシェルフ組み立てたじゃん!!漫画ありすぎ!!

クローゼットの向きを変えてベッドを奥にやって・・・と自分で思い描く配置を説明し出す。ハイハイ分かりましたよ。まずは片付けてくださいよね。言えば簡単に作れるわけじゃないんだから。こうなったら壁面全部本棚にしてやるwww

PageTop
徳島香川旅の最終日、道の駅 藍ランドうだつに寄りました。ここの直ぐ裏手に うだつの町並みがあります。

道の駅では藍染めの染め方なんかも体験できて、染める手前の藍玉の作り方(素人には到底無理だけど)や、藍の元、蓼(たで)の葉なんかも見られます。

で、そこにあった蓼の葉のドライ。青緑のキレイなドライ!青い色ってドライになりにくいんだよね~。元々は普通の緑の葉っぱで、ドライになると深い青緑になる。飾ってあったの葉もっと青かった!!

tade3.jpg
写真を撮るのを忘れたので、画像は借り物です。

で、ドライが欲しいので、自分で育てます。道の駅で数十粒入った種が200円。蓼は白とピンクの2種類の花色があるけどこちらは混ざってるそう。でも良い。頑張って育てるぞ。

この後行った藍の館の向かい側のお土産店で、ものすごい量の種が数百円で売ってた・・・orz それもこちらは色別。ま、いっか(汗)。

で、帰宅後種を撒きましたよ。間引きをせず、一粒一粒植えたので、数十粒で十分でした(笑)。植えるところがなーい!!パンジーが終わった後の花壇。



去年、トマトを植えてたプランター。こっちの葉色のほうが何故か濃い。

IMG_7846.jpg

思いっきり緑なのに、傷が付いた葉っぱは藍色!!

IMG_7845.jpg

『蓼食う虫も好き好き』と言う言葉もあるように、苦くて食べられないんだってーー。でも虫が付きやすく、昔は麦の側に植えたらしい。麦が蓼のバンカープランツなんだって。蓼の背丈は50~60cm位になるみたいだけど、植えたのが遅かったからそこまで大きくなる前に収穫かも。何はともあれ、ドライにするのが楽しみ

PageTop
継ぎ接ぎだらけの壁を修正していきます。



繋ぎ目に紙テープを張るため、少し広めにスクレーパーで壁を削ります。とにかく粉々だらけになるので広告で養生。上の広告は削りカスをキャッチする為。もちろん掃除機もスタンバイ。

IMG_7821.jpg

下地の石膏ボードが見えました。あ、繋ぎ目にテープして無いじゃん。誰だ?ここ塗ったの。

IMG_7822.jpg

下も削る。キャビネット横は既にテープ張っちゃってますね(汗)。

IMG_7824.jpg

全体の繋ぎ目をテープで塞いで終了。簡単に書いてますが大変です(。>ω<。) 見えませんが入口の角をRにすべく石膏ボードを削りました。角を出すのが大変なんだよねー。

IMG_7826.jpg

下塗りを乾かしている間、扉の手直し。表面が突き板+ニス塗りだったので彫刻刀で削って仕上げを電動カンナでさっと削る。扉の大きさを縮めたのでガラスも3cm位カットしました。扉の横板と縦板の材質が違うよ・・・・。

IMG_7836.jpg

まっさらになった上からオイルステンを塗りこむ。細い棒はガラス押さえ。元々付いてなかった。

IMG_7837.jpg

壁が乾いたら本塗りして壁は終了。その後扉取り付け。完成間近。


PageTop
朝起きた場所はこちら。海の上(笑)。



とある5月の平日、月2回は平日に休みを取らなきゃいけない旦那が私と休みを合わせたのでまたまた車中泊に行ってきた。時は大潮。行ってみたかった木更津の干潟が目的地。

この日の干潮時間は10時30分。その前後2時間がベストらしい(潮干狩り場もこの時間帯がオープン時間)。

車中泊は前回の反省を踏まえて運転席の足元に荷物を置いてマットが下がらないようにして、掛けるタオルケットも別々。準備万全!と思いきや、前日は気温も上がり、意外と夜も暑く(私だけ??)、夜中に暑くて起きて窓を少し開けて寝た。朝方、旦那が蚊に刺されてた(笑)。てか海の上で蚊がいるのか??この日は蚊がいなくなるワンプッシュスプレーを置いてきてしまった。次回必ず持参(課題)。

で、海の上でブラブラして干潮時間近くに出発。で、直ぐ到着(笑)。準備して出発。干潟は長靴&リュック必須。

羽田空港に近いせいか上空を飛行機がひっきりなしに飛んでます。

IMG_7789.jpg

こんな建造物があったり、

IMG_7792.jpg

U字構の橋を渡ったらもう直ぐ。

IMG_7791.jpg

干潟~!!

IMG_7795.jpg

このカニが恐ろしいくらいいっぱい!!カサカサカサカサカサカサカサ・・・・・・・・・・・獣の足音みたく(笑)、最初はびっくり。

IMG_7793.jpg

遠くに見える建物はホテル三日月。

IMG_7794.jpg

東京湾方面を見ると干潟がどこまでも続いてる。2km先まで干潟なんだって。行かないけどwww

IMG_7797.jpg

干潟は打ち上げゴミや釣り人が捨ててったであろう酒やオロナミンC系のドリンク剤の瓶が多数転がってました。『明色』とエンボスのある瓶を発見。割れてたのでお持ち帰りはナシ。

IMG_7799.jpg

お!カシパンめっけ!!

IMG_7798.jpg

・・で、この発見を皮切りに、倒木の下にハスノハカシパンが大量に打ちあがってる場所を発見。なぜか写真ナシwww 木の枝に引っかかりながら必死に拾い集める。満潮時にはこの下も水没するみたい。木の枝が刺さってるから流れずに溜まったのかも。

干潟では旦那も驚きを隠せず、写真バシバシ、どんどん進んでずんずん先へ。別行動でしたが干潟がどこまでも見渡せるので、常に相手の居場所を確認しながら自由に過ごしました。途中、作業服を着た数名が来て、どんどん沖まで歩いて行きました。何かの調査?みたいな人たち。

干潟のインパクトが強すぎて(笑)、旦那から飲み物を受け取る事無く別行動になったので喉が渇いて仕方ない。おまけにトイレも(汗)。干潟にトイレなんかもちろん、無いです。で、どうしたかと言うと、ホテル三日月の前には潮干狩り場がオープンしてたので、そこまで歩いて漁協の人に事情を話してトイレを貸してもらいました。ここで飲み物もゲット。いくら曇りとはいえ時折日が差すと強烈に暑い!!熱中症に気を付けねば。

採取したカシパンはこちら。

IMG_7813.jpg

穴開いちゃってるけどね。こんなに拾えておまけに肉厚だし、いっぱい瓶に詰めたーい!

で、昼前に撤収。車中泊は一日が長い。千葉のご当地スーパーODPYAで刺身の切り落としとあさりご飯、鯵の握りを買ってこちらの富津岬の先端でお昼ご飯。もうね、ホンとODOYA最高!!!

IMG_7803.jpg

旦那が上って写真を撮ってきました。直ぐ近くに第一海堡と遠くに鉄腕Dashでやってた第二海堡がうっすら見えます。

DBIKc63VoAAi3DK.jpg

木更津方面はこちら。

DBIKnGfVwAE0K6A.jpg

岬の先端なので両サイドは海(笑)。

DBIKj-gV0AEeJyO.jpg

のんびり食べて、のんびり浜歩きをして、南房とはまた違った打ち上げモノもあったりで楽しく過ごし・・・帰りはフェリーがいいと旦那が言い出しーーーーの、ここからが大急ぎ。今の時期はドッグダイヤで2時間に1便。1時間毎に出航していたGWとは大違い。次に出るのが16時30分。その次が20時20分。えーーー2時間待てない。気付いた時点で15時20分。約1時間。金谷港目指して大急ぎで出発。

途中、軽トラペースカーが入ってきたけど、館山道に入ったら順調で、30分足らずで余裕の到着。ま、ナビでも所要時間30分って出てたけどね(笑)。ちょうど船が入ってきたところでした。GWと違い余裕の積み込み。ただ、ゴルフ帰りの中高年が船内で宴会始めちゃってうるさいのなんの。

18時30分、無事帰宅。うーん・・・・楽しかった!

これからの時期は車中泊は無理っぽいと思ったけど、改良すればまだまだ行けるな。で、今回の課題で見えてきた、車用網戸の制作に入ります!!検索の鬼と化し、内窓タイプ、包み込みタイプ、外側マグネットタイプetc・・・色んな方法で自作されてる方多数。我が家の使い勝手と車の窓の形状からして一つの案が浮上。うまく出来たら使い勝手も含めて記事をUPします~。


PageTop
キャビネット背面に貼り付けるタイルを購入しました。INAXのガラスモザイク スプリングトーン12mm角。ガラスモザイクにしたのは、ネット張りなので多少の長さや幅の調節が出来るから。タイルカットなんて面倒くさくて無理。



1シート半あれば余裕なんだけど、半分は売ってないので2シート購入。ネットではなくタイル屋さんで買ったのでちょっと割高感があったかな・・・・元々が高いんだけどね(笑)。

キャビネットを壁内の柱に固定してからタイル貼りスタート。前回使ったタイル用ボンドが余ってたので全てを出し切って、更に足りない所は木工用ボンドで貼り付ける。取れなきゃ良いんだから。入れる物の高さを測って棚の位置を決め、尚且つタイルが中途半端な位置に来ないよう微調整。

IMG_7776.jpg

これで一週間放置。タイルが3分の2余ったので、水はね防止のガラスタイルの上に二列張る。水はね防止のタイルも一部目地が入っていないとこもあったり、タイルが汚かったり、鏡枠が汚れてたり、ずぼらな面が垣間見れてしまう(汗)。鏡の部分は一列に。

IMG_7805.jpg

それでも残ったタイルは2階洗面台の壁面にも同じく貼る。ここは一列。

IMG_7808.jpg

おかげで3個だけ残って終了。コレは補修用に取っておく。

で、壁面接着の翌日、いよいよ目地入れ。手元にあった目地材だけでは足りなかったので、昨年使ったホワイトモルタルを使用。もう何でもアリ(笑)。また買って余ったら嫌だもーん。

目地にホワイトモルタルを使ってみて気付いた事。とにかく乾きが早いので、直ぐぼそぼそになります。手早く作業して、水を含ませたスポンジで拭き取れば目地に入り込んで行くけど、初めての人や慣れてない人には難しいかも。自信が無ければ目地材を使ったほうが無難かな。

で、目地入れ中の写真はもちろん無くて、数回の拭き取りの後、完成!目地が入ると引き締まるね~。

IMG_7809.jpg

壁のタイルもしっかり入ってます。

IMG_7810.jpg

ついでにキャビネットと壁の隙間をコーキングで埋めてこの日は終了。

IMG_7812.jpg

平行して扉も加工中だけど、次回は壁を塗り直します。



PageTop