Route359

9月に南房総に行ってきました。この直後、バタバタし出して行った事をすっかり忘れてた(汗)。

去年の台風で入れなかった沖ノ島がいつの間にか入れてました。久々です。曇天なのが悔しい。



確かこの日は時折雨も降ってて気候的には良い日じゃなかった。寒そうだけど暑かった日(笑)。

小さな海岸をはしごしてお昼はお食事処 松大丸さんまでブブーン。天気が悪い平日なのでお客さんは1組のみ。旦那は煮魚と刺身定食。

4_20181205163210ef0.jpg

私は刺身定食。この日のお刺身は鯵でした。

3_20181205163206530.jpg

美味しゅうございました!食後にサービスで巨峰が出てきましたよ🎶

さて戻りますか。帰りもフェリーなので金谷まで戻る道中もちょこちょこ海岸に寄って、この日は法華崎に行ってみた。

6_20181205163211d96.jpg

遊歩道になってるのでどんどん進んでいくと下の場所まで行けます。が、波が高く、場所によっては走らないと波を被る場所も(笑)。

5_201812051632095ed.jpg

今調べたらこの先に日本一短いトンネルがあったんだってねー。『日本一短いトンネル 法華崎』でググると画像が出てきます←丸投げ

で、この日は瓶の出会いもありました。どこで撮ったか忘れたけど、キンカンの瓶。

7_20181205163213766.jpg

今流れ着きました!って位打ち上げほやほやだった両口目薬瓶。

8_201812051632148b1.jpg

半分だけ粘土質の土に埋まってて、棒で掘り返した何かの緑瓶。泥だらけだったけど帰宅後洗浄したらすごくキレイで驚き。

9_20181205163215542.jpg

大きい気泡もある。高さ15cmくらい。何の瓶だったんでしょうね?

10_201812051632168d1.jpg

美味しい物を食べて瓶も拾えて楽しい一日でしたー。

暖かくなったらまた車中泊に行くか。






PageTop
この何もない壁に棚を付けます。



ガレージにちょうどいいストックがあった!先月、知り合いの倉庫から救出した(元職場で無いですよ)化粧仕上げ済みの集成材。1750㎜。

2_201811302119524dd.jpg

が、残念な事に厚さ35㎜。

3_20181130211954fc4.jpg

私が考えるベストな棚板厚は25㎜。どうするか・・・。元職場の工場に行けばスライス出来るが・・・・。工場のおじさんにアポ取るのが面倒・・・。家にある工具類でいっちょやったるか。

35㎜⇒25㎜にスライスします。棚板を起こして丸鋸が乗るくらいの板を重ねて棚板と同じレベルにして固定。写真だと丸鋸入れてすぐにクランプがありますが、大丈夫。少しずつ丸鋸を進める⇒止めてクランプを付け替え⇒また丸鋸を進める。を繰り返して50㎜位の鋸刃を入れる。反対側も同じように鋸刃を入れる。

4_20181130212007cc4.jpg

で、丸鋸の刃を10㎜にしてカットすればこんな風になる。更に真ん中を10㎜の深さで鋸刃を数本入れる。

5_2018113021200181e.jpg

ノミでさらってスライス完了。ボコボコなので電動カンナを掛けて更にサンダーで仕上げる。

4_20181201213645c57.jpg

水性塗料を塗って完成。多少?かなり?ボコボコだけど裏だから良いの良いの。

4_20181130212006788.jpg

スライスの途中鋸刃がキックバックしてガッツリ入っちゃったところ。こっちが表なんだよね~って事でここをRにカット。

2_2018113021201052a.jpg

使い物にならないジグソーを恐る恐る使ったけど何とか形になったRカット。ここは塗料を塗ってごまかす(笑)。自分じゃ化粧仕上げは出来ぬ。

3_201811302120059f2.jpg

板を加工している間にお願いしてあった棚受けが届く。てかホント早い(笑)。いつもありがとう!kazuさん!!

1_2018113021200965c.jpg

早速取り付け!良いじゃーん!Rの色が薄いけどコレはまた重ね塗りしよう。棚受けは3本でちょうど良い。イメージ以上!!棚板が重いからね。板厚も25㎜で正解。

6_201811302120010c0.jpg

ちょこちょこリビングにある雑貨を動かして色々楽しんでおります🎶

さーってパタパタ窓は再開できるかな~??

PageTop
パタパタ窓の製作再開の気持ちが上がらない中、急に寝室のコンセントを移動させようと思い立つ。

我が家の寝室は楽天で買った畳ユニットを合わせた小上がりになっています。
この畳ユニット、骨折の足で作ってたわ>私。⇒ 組み立て、組み立て・・・全部で7台

『前日痛めた左股間節』ってのちに病的骨折と判明だったわ~(笑)。若かったわね~。今じゃもう無理!

ってこの畳ユニットを設置したおかげで隠れて使えなくなったコンセントが二か所。でも今までは特に問題は無かった。が、昨今の携帯、スマホ、タブレット等々、電子機器の急速な普及で充電の為のコンセントが足りない・・・・。で、じゃあ使えないコンセントを使えるようにしようじゃないの!

いつものことながらいきなり始めたんでBefore写真はナシ。下から上に上げて、元の開口部は石膏ボードで閉じて隙間は紙テープで隠す。ここまでしておけば次回壁材を買った時にすぐ塗れる。が、ここは隠れてるから多分一生塗らないな(笑)。



コンセントを移動させながらもう一か所気になる所が。ここ↓

1_20181129170500134.jpg

何が何だかわかりませんね(笑)。カーテンをどかすとスイッチが隠れてます。

2_2018112917050141f.jpg

横になってる状態で手を伸ばすのはなかなか面倒。意外と届かなかったり。で、ここのスイッチは下げます。簡単に上げ下げしてるけど、一応スイッチボックスを外して壁の中に余計な柱が無いか、配線は十分な長さがあって移動させたい位置まで持って来れるかを確認してから作業をしてます。

既存のスイッチを開けるとAとBの文字が。電気屋さんが書いたのね。ここは上部左右にある照明のスイッチ。作業前はブレーカーを落としてね。配線を全部外す。

7_20181129170504b7f.jpg

開口部右側に柱があって、そこにビス止めしてあるのでビスを外して壁の中をずずずーーーっとスイッチボックスを下げていく。ストン!と下に落ちちゃうと面倒なので、たまたまあったインシュロックを付けて壁にテープで固定。壁に手を突っ込んでAとBの配線を下に下に押しやる。無事下の開口部に到達。

8_2018112917050539b.jpg

上は石膏ボードをサイズ通りに切り出し、板を背面に添えてビス止め⇒紙テープ張り。

9_20181129170507050.jpg

ここはカーテンしてたら見えないけど、開けると丸見えなのでフレームかなんかで隠しておこう。下にスイッチカバーを取り付けて完成。

10_20181129170509100.jpg

こんな感じに畳ユニットの上、横になっても手が届く位置に移動完了。

3_20181129170503b58.jpg

スイッチ移動中に何にもないこの壁に薄い棚を付けようと思い立つ。家じゅうで手を付けてないのは寝室位なので、急にDIY熱が込み上げてきた(笑)。次回、棚作り編。


PageTop
今年、あんなに台風だらけだったのに倒木伐採が一つもないってどーゆーこと!?

造園屋の大将、お年だから伐採から手を引いちゃったのかしら・・・・って事は今シーズンはコレにて終了!?



誰かがこっそり置いていったぐずぐずの杉・・・。キツツキの穴付きだよ(汗)。







こうなったら薪活せねば!!!






バイクでぶぶーんと買い物帰り。チェーンソーの音に気付いて近寄ると街路樹伐採に出くわす。声をかけると二つ返事でOK!やった!!すぐに車を取りに戻る。ご近所の有志の熟年先輩方が伐採していて、薪ストーブがあると話をすると、別の場所に伐採木の置き場があるから持って行って良いと。ラッキー!ある程度溜まると市役所に依頼するんだって。

まずは街路樹の伐採木を車に積んで一回戻る。二回目!言われた場所に網で囲われた置き場があった!月2回、伐採や掃除があって、いつも出るわけじゃないけどここに有ったら勝手に持って行って良いと許可を頂く。ありがとうございます!!

ぐずぐずの腐った木は置いて行って良いとの事で、他の良さげな伐採木を積んでさらにもう一往復。車が小さくなったからいっぺんに積めませーん。寂しかった原木置き場はこうなりました↓





はい、ドン!!



1_2018112521144802b.jpg

良かったね~^^

週末、旦那と一気に薪割り。生木だから斧でサクサク割れる!

ここまでやってこの日は終了。

3_20181126170231463.jpg

まだまだ足りないから薪活は継続!やっぱ薪が無いと不安だわ(笑)。



PageTop
思いがけず快晴だった土曜日。釣りにハマってるkazuさんの誘いで漁港に釣り体験に行ってきました。

5月の北関東ツアーでkazuさんから貰った(旦那がね)竿を持っての参戦。てかそれ以外、餌を含めたあれこれを全て準備してくれたkazuさん。超・ウルトラ初心者でごめん(笑)。



漁港の下調べも全てしてくれたので、私は道案内のみ(汗)。おまけに暇してた次男も連れて行くという、傍から見れば完全なる家族の休日w

釣れると大忙しだから写真を殆ど撮ってなかったという現実・・・・。それでもブログ記事にするほどネタナシ(笑)。

私は誰でも釣れる『サビキ』で挑みます。隣で小学校低学年か幼稚園児かってくらい小さい子が、どんどん釣れてておばちゃん焦りましたがな。釣れてるのは関東では『サッパ』という小魚。あまりこちらでは食さない魚らしい。鱗か固く、小骨が多いんだって。西日本、特に岡山では『ままかり』という名物料理の魚です。あ、岡山行った時、食べたわ。

と、初めての一匹が釣れた!!記念に写真写真!

5_201811222121312e8.jpg

あまり食べない魚と言う事で最初の数匹はリリースしてたけど、この後到着するcaworiさんに見せるためバケツに確保。

2_2018112221212501f.jpg

数匹釣れたと思ったらその後立て続けに釣れてまさに入れ食い状態(笑)。釣れ始めると楽しい(^▽^)。

次男はkazuさんに教えてもらってルアーで遠投。が、釣れてる私を横目に全く釣れず。この日はどこの釣り人もサッパしか釣れてなかった模様。その後次男もサビキでサッパを釣り始める。

そして我が家の夕食がこんなに釣れた(笑)。

3_20181122212128536.jpg

caworiさんも到着したけど息子がぐずって釣りどころではなく、昼過ぎ撤収⇒我が家へ。

お昼を食べ、昼寝から起きた息子は機嫌が直り本領発揮。いつもと違うおもちゃで遊びーの、大人たちはまったりお菓子食べながら話に花を咲かせーので夕方解散。最近はDIYで集まるよりただの話で集まってる時が多いかも(笑)。年食ったか!?

肝心のサッパは鱗を取って手で頭と内臓と背骨を取って南蛮漬けに。小骨までポリポリ食べれちゃったよ。

6_20181122212132608.jpg

全ての準備をしてくれたkazuさんに感謝。遠いところまで来てくれてありがとう。また釣りしようね~。釣り天国に改名か(爆)?






PageTop