Route359

熊本一県旅を予約したその日に大地震が起き、泣く泣くキャンセルしてもうすぐ2週間。

IMG_5120.jpg

翌々未明に『本震』が起き、現地は更に混乱。

5年前の東日本大震災、昨年の常総市水害は自分の直ぐ近くで起こった事で『行動』を起こす事は難しくなかった。でも今回の熊本地震はあまりに遠く、簡単に『行動』とは行かない。それに今回、『野良ボラ』なる押しかけボランティア問題も浮上してる。 *『野良ボラ』に関してはググッてね。

一番簡単なのは募金だけど、野良ボラ共に巷で騒がれてる募金詐欺なるものもあってどこに寄付して良いかも分からなくなる。それなら私が出来る事をする。

熊本旅がキャンセルとなり、代替地を北海道としたけど煮えきらず、ならば!と







九州応援旅!!! 決定!!






熊本・大分の九州真ん中周辺は大混乱のさなかで余震も続いているけど、そのほかの九州各県は平常通り。地震の余波で観光業界も大打撃を受けてるので、私達が九州を旅行する事で現地にお金を落とせる。熊本・大分以外の県の経済が動けば九州全体を底上げできる⇒熊本・大分の支援も活発になる。私達も楽しめる。どうだ!!!

友人の同意も取りつけ、早速観光パンフを取り寄せる。行き先は佐賀・長崎。

IMG_5258.jpg

長崎ちゃんぽん、佐世保バーガー、シシリアンライス、えーっとえーっと・・・・・食いもんばっかかい!! 友人の希望は『温泉』だから1泊はどこかの温泉地だな。あー楽しみ~。熊本は何年後か分からないけど復興したら必ず行くからね。

これが今の私にできること。待ってろよ!九州!!!







PageTop
3月11日金曜日。

今日は寒い一日だった。あの日、東北も寒い日だった。

日本は前を向いて歩いて行けてるだろうか?



PageTop
1_20151015170523ba1.jpg

先日、三度常総市へボランティアに行ってきました。今回は部活を引退した中三の次男を連れて旦那と3人、1泊2日のボランティアツアー。一応、行く前に次男にもボランティア活動参加の意思確認。嫌々行っても意味が無い。旦那と2人だけと覚悟したけど、『行く』と決めたのは次男。良かった。

前もって地元の市役所で災害派遣等従事車両証明(ボランティアの高速道路料金無料)を取得して、子供のボランティア保険も加入、ビジネスホテルを予約して準備万端。水海道周辺のホテルでは3人で泊まれる禁煙室が無かったのでつくば市のホテルを取る。土地勘が無いから距離や道路事情はどうだろ?って思ったけど、茨城の道路は広くてゆったりしてて交通量が少ないので走りやすい。30分そこそこの距離だったので良かったです。

平日のボランティアは少ないので、あえて平日参加。2日間とも活動は主に稲藁や萱の除去作業がメイン。どこから流れてくるんだ!?ってくらい道路や側溝、田んぼや庭、ありとあやゆる所に藁や萱が堆積してる。それを延々、かき集めてビニールに詰めていく。このまま放置すると冬の乾燥で発火したり危険なんだろうな。

家族で参加なのでマッチングの際に『3人同一行動なら車両出せます。』と伝え、しばし待機。1日目は自家用車で新井田のサテライトまで行き、他のボラさん達11人で藁の除去作業、2日目、車両提供は充足していたのでマイクロバスで他のボラさん25人と石下のサテライトまで行ってそこから数人ずつの班に分かれての作業。

石下に行く途中は路肩がかなり崩壊している場所があって、農道のアスファルトも剥がれ、U字側溝も水で浮いて流され田んぼに転がってる有様。

平日にも拘らず、前日にも見た方が多かったのには驚いた。数日続けて来られてる方が多かったかも。2日目の25人の中に前日稲藁除去作業にご一緒した60代の男性も。水海道周辺のビジネスホテルが全て満室で日帰りでまた来たと。うへ!車は都内ナンバーでした(汗)。マイクロバスを運転していた年配の男性は神奈川から2週間の予定でボランティア。車中泊だそうな(汗)。確かにボランティア駐車場には『暮らしてる』風な車両がちらほら。凄いな~みんな。

2日目の同じ班になった栃木から来られた女性。『私なんかできる作業はあるんでしょうか・・・』と凄く心配されてたけど、ボランティアは力仕事だけじゃなく、屋内の清掃作業もあるので大丈夫。現にマッチングの際に『女性3名、室内の清掃です』と言う案内があるので、手を挙げればOKだよ~とアドバイス。彼女も車中泊で翌日も参加を決めたようです。

1人で参加してる方が大半で、あとは2~4名のグループ。それでも志は皆さん同じなので直ぐに打ち解け協力して作業を進めていました。

ボランティアセンターを運営してる方もボランティアで、遠く広島から来られてる方もいました。石下のサテライトは団体専用の受け入れになってるらしく、兵庫県からのボラバスが来ていました。兵庫・・・弾丸ツアーなのかな・・・・^^;

宿泊先のつくばのホテルは平日限定ですっごく安く泊まれました。ちょっと広めのツインにエキストラベッドを入れて3名宿泊。1人2,980円!!これに+500円で朝食を付けても破格の値段。周辺に飲食店も多く、目の前にはイーアスという巨大ショッピングモールが。夕食はこちらのバイキングで頂いて、モール内のスーパーで翌日の飲物類を購入。ホテルはビジネスホテルには珍しく大浴場もあるし、コインランドリーで翌日にも着る作業着も洗えて至れり尽くせり。ボランティアに行ったのかレジャーに行ったのか分からない(笑)。

次男は東日本大震災の時も一緒に行って被災地を見てる。今回はボランティア作業を通じて何かを感じてくれたらと思う。今回のボランティアで最後の予定。来週から学校行事が目白押しで行くのは無理かな。今月中はボランティアを受け入れるそうなので、もし迷ってる方がいたらぜひ行ってみて下さい。



PageTop
1_20150927135746f00.jpg

災害派遣等従事車両証明(ボランティアの高速道路料金無料)の申請が間に合ったので、週末再び常総市へボランティアに行ってきました。
災害派遣等従事車両証明書の交付について

2時間弱で行ける事が分かり、今回は日帰りで私一人。作業をする水海道総合体育館周辺の地理は頭に入ったので、特に困らずスイスイ到着。

『いつもの通りお願いします』

と言われて受付へ。まだ人もまばらなので、入口を入ってすぐの掲示板に貼られた全国から激励の手紙なんかを貼り直す。粘着力が弱くなって下にボロボロ落ちてた。

この日は一日を通して万遍なく被災者さんが物資を取りに来られて、夕方かなりの人数になってました。物資の受け入れが27日までとアナウンスが出たからか、到着するトラックも少なめ。男性ボラさんもトラックが来るまでは手持ちぶたさな感じ。群馬県から団体ボラさんがやってきたので、トラックが入るとあっという間に搬入終了。最後の大荷物は箱ごと2階に上げて最後は拍手が沸き起こる。この日のメインイベント(笑)。

27日で物資の受け入れ一旦中止のアナウンスが下記の物資に限って搬入を継続するアナウンスが出ました。

常総市 ‏@joso_kouhou · 9月26日
救援物資の受入は9月27日(日曜日)までとお知らせしましたが、被災された皆さんからのニーズの高い次の・水・毛布・マットレスについては、引き続き受入を継続します。
水海道総合体育館10時00分~17時00分
〒303-0042常総市坂手町3552電話0297-27-1211


もし物資を送ろうかと考えてる方がいらっしゃったら、500mlのペットボトルの水も入れて下さい。年配の方は500mlの水を探してます。持ち歩くのも2Lでは重すぎるし、小分けにするにもまず500mlのペットボトルが無ければ始まらない。よろしくお願いします。

チーム群馬のボラさんが帰った後、



『トラックで古着1.5t搬入』



との連絡がorz

送ったの誰だよっ(怒) もう要らないって言ってんのに嫌がらせか!?

結局、入口から入ることなく外階段で2階観客席に押し込まれた古着。翌日のボラんさんに任せよう・・・とぐったりの市職員さん。お疲れさまです。

とある日の炊き出しは吉牛!!初めて炊き出しを見た~。良い匂いが胃袋をくすぐった(笑)。もちろんお昼は持参したサラダ巻きを食べましたよ!


PageTop
シルバーウィーク中に常総市への災害ボランティアに参加するべく情報収集と下準備の為一週間ぶりの更新になりました。

ボランティアは2日間。旦那は泥出し作業。私は物資仕分け作業と別々のボランティア。私の与えられた仕事は物資を受け取りに来られた被災者の方の受付。ここが2日間の仕事場。



配布時間は10時~19時と決められているけど、朝7時から来られる方も多数。ちなみに物資配送の拠点となっている水海道総合体育館では市の職員は朝6:30集合だそうです。

ココの体育館で各避難所で必要となる物資を調達して、クロネコヤマトの精鋭部隊が物資を運んでいます。朝と夕方、2回くらいかな?被災者の方が直接取りに来ることも可能ですが、車が水没して来れなかったり、情報が行き届かなかったりで『お隣の方から聞いて初めて来た』と言う方や、半信半疑で午前中来てみて、午後にご近所さん分もまとめて受け取りに来られた方もいらっしゃいました。広報の仕方も色々あるのでこれは本当に課題ですね。

人が少ない時間帯に体育館内を撮る。物資は分類ごとに仕分けされています。シルバーウィーク中、一番の必要物資は掃除用品。モップ、デッキブラシ、角スコップ、男性用耐水耐油厚手手袋、男性用長靴、バケツ、ブルーシートなど。他に虫よけスプレー・蚊取り線香、うがい薬、ハンドソープ、除菌シート、スプレーなどの衛生用品。

3_2015092312552162e.jpg

4_20150923125522687.jpg

物資の入る時間帯や種類は『届いてみないと分からない』状態なので、入った瞬間、飛ぶように出て行きます。1日目の夕方、たまたま新品の高圧洗浄機が5台ほど入り、体育館に入れる事なく入り口で配給終了(汗)。電気が通り、一部水も出るようになって掃除作業が本格化してます。

そして在庫過多なのが衣類。

送られてくる衣類の9割方が中古。なかにはフリマに出して売れ残ったと思われる衣装ケース入りの大量の衣類や着古したスーツ、ジャケット。善意なんだから受け取れと言わんばかりにドンドン送られてくる。県のHPには『衣類は足りてる』とのアナウンスがあるにも関わらず、毎日古着が大量に送られてくる。仕分けしきれない衣類が2階観客席を埋め尽くす。フェイスタオルもしかり。

1_20150923125711e63.jpg

自分が着ないモノは他人も着ない。この中古衣類問題、東日本大震災でも問題になってたはず。この時、大量の余った衣類はすべて処分だったそうな(震災時のボラさん曰く)。今後、支援する場合、最初から衣類は新品のみ、または不要にするべき。中古衣類は自分でフリマ等で売ってお金にして支援して欲しい。現場に居て切に感じた出来事。

また大人用紙おむつもさほど需要が無い。こちらも2階観客席にフェイスタオルと同じくらいの量、在庫過多。被災者ニーズは日々変化するので、毎日茨城県のHPで最新情報をチェックして欲しい。

家に眠っていた23㎝~24.5㎝の新品のビーチサンダル6足ほど。子供がもう履けないから持って行ったら直ぐにはけた。本当はクロックスみたいな靴下を履いても履ける『つっかけ』のようなサンダルが欲しかった被災者さん。靴の支援物資も全て中古の履き潰し。被災した人にピンヒールやロングブーツって要らないっしょ・・・・。3足ほど渡し、残りを靴コーナーに置いておいたら30分後にはもう無かった。

物資の体育館への搬入は主に男性ボラさん。トラックが集中する時間帯には拡声器で高い位置から指示を出し、男性ボラさんが集合、一列になってバケツリレー方式で体育館へ。その掛け声が祭りのようで、皆さんホント楽しそう(笑)。一日に何度もこんな光景を目の当たりにする。被災地のボランティアでも気分を暗くする必要はない。キツイ作業も心掛け一つで楽しくなる。そんな一コマ。

2_20150923125519202.jpg


連休中かなり多くのボラが集まった泥かき部隊。早朝集合場所の駐車場に行ったのが大正解。旦那は最初の200名に入ってすぐに岩下の体育館へ移動してそこから県職員の車で依頼者宅へ。ニーズによって派遣ボラ数が違うようで、旦那はもう一人のボラさんと2人だけの作業だったそうな。お天気が良かったのでかなり暑く、派遣先のお宅でも飲み物を提供して頂いたそう。

ただ、このボランティアの依頼を出来る人は良い方で、体育館に物資を取りに来た足の不自由な男性は、床上浸水した家の片付けをしたいが、体が不自由で自分では作業できない。ボランティアを頼みたくても電話も水没してしまい使えず、ボランティア派遣要請の用紙も紛失してしまいどうにもならない、と物資配布受付の私の所に訴えてきました。

この件は直ぐに事務室の市職員さんに話をして取り次いでもらいました。この男性のようにボランティアを依頼したくてもできない人が大勢いるはず。家の前に『ボランティアさんお願い』の表示を掲げた高齢女性のお宅があったという話も聞きました。携帯や家の電話が使えなくなって、連絡手段が無い高齢者や障碍者がたくさんいるはず。こういたニーズの掘り起こしも必要だと感じました。

そして2日目、NHKの取材。お世話になった物資担当の責任者さんがインタビュー受けてます。こっそり撮影(笑)。この様子は23日のNHKのニュースで流れてました。

4_20150923125712a97.jpg

2日間の宿はもちろん車中泊。意外に快適。大人二人が足を延ばして楽に寝れます。ボランティアは自己完結が基本。お風呂とトイレは難しいけど、食事は基本自炊(笑)。鬼怒川の西側は普通にスーパーやコンビニが営業しているので、2日目の食料はそちらで調達。

5_201509231257147ea.jpg

あの大洪水から約2週間。被災地では破傷風や感染症が懸念されています。どこでもうがい、消毒の徹底が叫ばれています。市や県の職員さんたちは休み返上で毎日毎日頑張っています。その頑張りを直に感じた2日間。ホント頭の下がる思いです。常総市内は通行止めも徐々に解除され連休明けの今日にも学校が再開されてるはず。少しずつではあるけれど前に進んで行ってる。それでもボランティアの助けはまだまだ必要。意外と近いと知った茨城県。私もまた機会があれば参加する予定です。

支援物資に入っていた韓国製のインスタントラーメン。職員さんから頂きました。人気がないのかな?私にはちょっと辛かったです。

IMG_3747.jpg



8_2015092312571578e.jpg

帰りの首都高。スカイツリーがライトアップされて綺麗でした。

*9月24日午前8時現在⇒救援物資の一時受入停止について
物資受け入れの一時中止がアナウンスされています。物資提供を考えてる方は再開のアナウンスがされるまでしばしお待ちを。

PageTop