Route359

大八車の車輪の奥に鎮座しているのが雨水タンク。

3_20190420163533aa2.jpg

このタンク台を置いている下のウッドパネルがヤバい事になってた。このウッドパネル、娘のアパートのベランダに敷いたのと同じ物のサイズ違い。雨ざらしだとこんなにも腐食するのか。



この時、タンクの中に雨水はほぼ入っていなかったので、このタイミングで交換しよう。

吐水口より下に貯まっている水を出してタンクを退けると・・・・









アリの巣になってた!!

8_20190424172005bfd.jpg

うぇ!!!やぱ!気付いて良かった。速攻移動させて水洗い。ついでにタンクも水洗い。

ウッドパネルもボロボロに腐ってる。

7_20190424172003b2b.jpg

タンクが満水だったら崩壊してたな、こりゃ。

6_20190424172002ba3.jpg

ウッドパネルを退かしてアイビーの蔓延っていた根を片付けて掃除。ウッドパネルは投げたら崩壊した(汗)。で、パネル内部がアリの巣だった。ボロボロになるわけだ。シロアリじゃなくて良かった。

アイアンウッドの端材がガレージに転がっていたのでかき集めてすのこ状に組む。ビスで止めて固定。家側に若干傾斜をつけて設置。

5_201904241720000d2.jpg

タンク台を戻す。

4_20190424171959358.jpg

このあと、隣のホースリールを設置し直して作業終了。外作業が捗る季節になった!次回、パタパタ窓再始動!!



PageTop
真冬の作業の話ですが(汗)、こんな事をしてました⇒ 大八車の木製車輪修理・①

ようやく重い腰を上げて作業再開。残り半分を作ります。何度でも失敗できる位、材は残ってます(汗)。



前回、糸鋸を使ったけど、イライラする程切れなかったので鋸に変更。曲線は切れないけど後はノミで地道に削る。時間はある(笑)。

1_20190420163526a01.jpg

ほい、曲線。

1_20190420163518729.jpg

が、一発目は失敗。二発目行ってます。

1_20190420163520606.jpg

何度も開口部に合わせては削り、合わせては削りの気の遠くなるような作業。ようやく光が見えだした。叩き込み過ぎて、開口部が広がってしまい、最初に作った埋め木がゆるゆるになってしまった。

2_20190420163519ee7.jpg

で、Cクランプで挟み込みながらの作業。よしよし。

4_2019042016352309b.jpg

埋め木の固定は屋外用木工用ボンドに決定。ふつーのよりお高めです。ホームセンターで売ってます。

3_201904201635224c7.jpg

たーっぷり塗ってはみ出たボンドは水拭き。

5_20190420163525562.jpg

その後、塗装。何度か重ね塗りして薄かったから墨汁を塗ってふき取って何とか色合わせ(笑)。

1_20190420163530331.jpg

反対側も同じく塗装。

2_20190420163531aa9.jpg

よーーーーーやく完成~!補修した周辺はかなり傷みが進んでるので、下にならないように、時には回して腐りの進行を遅くしなければ。

3_20190420163533aa2.jpg

これで次の作業に移れる!と思った矢先の車輪の隣の雨水タンクの土台板が腐ってるのを発見。ここを早急に直さなければ。これをとっとと終わらせて、パタパタ窓を再開させたい!


PageTop
そうそう、ビーチコも地味に続けてますよ。今日は昨年の成果の一部をご紹介。

ひょうちゃんのこの絵柄はお初。拾えなくなったなー>ひょうちゃん




病院の薬の瓶??文字ナシなので不明。

1_20190404165438170.jpg

みっけ。

2_201904041654398ae.jpg

仁丹の瓶かな?

3_20190404165441b96.jpg

逆さの黒瓶・・・。今流れ着きました!感、ありあり。割れてなきゃいいけど。

4_201904041654428c2.jpg

コロンっと。よし割れてない。

5_20190404165444503.jpg

わ!気泡!!黒じゃなくて紫?瓶だ!

6_201904041654451dd.jpg

多分、半年振り位のひょうしゃん・・・。この年2個目。初めて柄被りだった!

1_201904041654472e6.jpg

ダブルで瓶の影が!

2_20190404165448cf0.jpg

一つはバリバリ。もう一つはずんぐりむっくりの重たい瓶。インク瓶かな?

3_201904041654504c8.jpg

こんなのも拾ってます。なんでしょう?

1_201904041654516cb.jpg

正解は陶器の戸滑りです。戦時中のかしら?ガラスの戸滑りは以前拾ってます。⇒ 戸滑り

2_20190404165453923.jpg

これもよく拾うやつ。インク壺?なのかな~??正体不明。すげーいっぱい持ってる(笑)。

1_2019040416545460f.jpg

確かこの日はすごいいっぱいビーチコーマーが居た日。絶対無理!拾えん!って思ってたけど見つけました。

1_20190404165456c08.jpg

落ちてた今治水の瓶。浜にいっぱい居たのは貝専門の人たちばかりだったのか? 今治水の瓶、これで4個目(笑)。最初は記事にしたけど2個目3個目は記事にしてないかも(汗)。

2_20190404165457c17.jpg

ずらずら載せたけど、全て昨年一年間でぼちぼち拾えた瓶。一日でがっつり拾えるってことはありません!!むしろ拾えない日の方が多いです。これから夏までは浜歩きにはいい季節。今年はどれだけ拾えるかな??



PageTop
私がベランダ囲い作りに奮闘している最中、旦那には間仕切り壁を仕上げてもらいました。この時 ⇒ ボロアパート改装~仕切り壁編 の材料を仕上げます。

玄関入って奥まで見渡せる間取り。左がユニットバス。玄関の三和土がいびつな形なので、ここにアパートに付属している木製の下駄箱を渡して柱の土台とします。

1_2019032321203102f.jpg

旦那に、あーしてこーして、と説明してラブリコを取り付けて平板を打ち付けてね、あとはセンスね、と言い残し私は自分の作業に戻る。暫くしてのぞくとこんな感じになってた。よしよし。オイルステインも持って来たので、下駄箱の背面板も塗装するよう依頼。

10_20190324174930699.jpg

作業効率を上げるために平板に下穴を開けて行ったのが良かった。旦那が電動ドライバーを使っている間は私は角材をカットしてたり上手く作業を分けて時間を有効に使う。

そして完成。真ん中の柱が短いのは元々この長さだったから。何でも使う(笑)。部屋からの玄関が見えなくなった。

11_20190324174931513.jpg

玄関開けた時の状態。長尺の平板は一番下と一番上が良かったんだけどなー。まぁ仕方ない。今は色がまばらだけどその内あめ色になってくると思う。友人からもらったミニシェルフに手を加えて3つフックを付けて鍵掛け。

13_2019032417493447e.jpg

ディアウォールはこんな感じ。現場合わせだったからやっぱり少し計画とは違うけどうまく収まったから良しとしよう。細かいことは気にしない(笑)。全面塞がなかったのは採光と圧迫感軽減のため。

12_201903241749330a6.jpg

追加でアイアンのフックを取り付け。これも貰い物。帽子掛けるのにちょうど良い。

14_2019032417493616f.jpg

裏側はこんな。これまた貰い物のフック。バスタオル掛けられます。計画ではここまでで完成。

15_20190324174937c40.jpg

最終日、余った丸棒と家から持って来たパイプソケットを下駄箱の背面に付けてバスマット掛けを追加で作成(写真なし)。2泊3日で終わらせる事が出来て感無量。最悪、ベランダの囲いの屋根は来冬前までお預けで良いか、とも思ってたし。その代りホント疲労困憊だったけどね。現場合わせはもうやりたくない(笑)。


PageTop