Route359

間仕切りドアは現在は固定の『壁』だけど、将来『建具(ドア)』として開閉できるようにします。上半分はガラス、下半分は板で。参考にしてるのはこちらのお宅のドア。こちらは大正時代のドアなんで雰囲気いいですけどね。

20110514_898174.jpg


下が板の方が良い理由。下までガラスだと、布団を敷いた時に足で蹴りそうだから(ここは4畳半の和室)。頭から突っ込んだら怖い(笑)。実際、次男の友達が和室で寝た時に3人でふざけてて、ショーケースのガラスに突っ込むんじゃないかってヒヤヒヤしたんだよねー。そんなもんでドアの大元、枠を作ります。組み方はホゾ組み。ショーケースつくりの時にちょこっと作ったけど、今回は上手くできるかしら?

検索してホゾ用の治具があると便利って事で家にあるパインの集製材(このサイトも集製材を奨励)をかき集めてちゃちゃっと作る。木材はホームセンターをウロウロして高い材料は買わず(笑)、安くて加工しやすいホワイトウッド(ツーバー材)をチョイス。



なんか出来そこないのロボットみたいですが(笑)。

この治具、ソーガイドを使う前提の治具。ソーガイド・・・ウチに合ったよ。ちょうどいい。セットします。

IMG_9007.jpg

クランプいっぱい使って治具と木材を固定して目印の位置まで四方をカット。今回は四方胴付ホゾで行きます。

IMG_9008.jpg

木口をソーガイドでカットしたらあとは丸鋸で四方をカット。ホゾ完成。

IMG_9016.jpg

お次はホゾ穴。まずはドリルでホゾの深さよりちょこっと深く穴を開ける。

IMG_9069.jpg

その後はノミで延々彫る。このサイズのノミが無かったので、ホームセンターで12mmのDIYノミを1本買う。

IMG_9070.jpg

四苦八苦しながら1時間掛けてホゾ穴彫って差し込む!ヤタ!クランプ跡はご愛嬌 このあとはちゃんと当て木をして跡がのこらないようにしてるわよ(笑)。

IMG_9073.jpg

2ヶ所目は要領がつかめて15分で完成。仮組みしてみる。よし。形になってる(笑)。

IMG_9076.jpg

全部組むのに900mmのハタガネが必要だな。家に600mmしかないから長いの買わなきゃって思ったけどた、高い。で、閃いたのが大工を辞めた知人の倉庫にあるはず!と夕方車を飛ばして倉庫へ。案の定、900mmと1200mmのハタガネを数本ゲット!

popo.jpg

おまけにノミのセットも見つけた。ミラクル!ホントこれ重宝した!!

IMG_9077.jpg

ホゾ作り、ホゾ穴掘り、延々続く・・・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やっぱ、本業は家具職人か大工じゃん!!

はじめ♪♪ | URL | 2018-05-02(Wed)13:18 [編集]


はじめさん>

いやいや、隠し方が上手いだけでよく見ると素人でんがな~(笑)。

かっちゃん@管理人 | URL | 2018-05-05(Sat)17:12 [編集]