Route359

家族では最後になるであろう富山キャンプに行ってきました。



バタバタの出発だったので、色々と忘れ物が多く、現地調達で対応しました。そこそこの街なので、必要なモノは手に入る(笑)。お盆も後半戦、元々空いてるキャンプ場だけどさらに空いてました。いつもの場所に設営。

3_201808272054030da.jpg

去年のキャンプでテントが雨漏りしたから、頑張ってテントをメンテナンス。その成果を試したい!!⇒ テントメンテナンス・序

丁度3日目は一日雨の予報。さて効果はいかに!?

キャンプ場の目の前の海の護岸は整備され、堤防のように広くなってた。冬の日本海に太刀打ちできるか!?

1_20180827205357f97.jpg

2_2018082720540915d.jpg

二日目の夜、翌日の雨に備えてテントを覆うようにタープの配置換え。念のためね。

5_201808272054110df.jpg

翌三日目の朝は曇り。朝から雨予報だったのにラッキー!って事で雨に濡れたら困るものを片付け、荷物は中心に置いて雨対策をばっちりしてお出掛け。

まず向かったのは落差日本一の称名滝。

10_2018082721100510c.jpg
*クリックで大きくなります。

駐車場から1kmちょっと歩くので、行きは上り坂で疲れる・・・。

4_20180827205407a06.jpg

チラチラと見えてる滝は称名滝ではありません。水量が多い時にだけ見える幻の日本一、ハンノキ滝です。お目当ての滝は正面の山の尾根がV字に凹んでるところ。対岸の崖の高低差が恐ろしい。逆高所恐怖症w

5_201808272054174b4.jpg

前日の局所的豪雨で水量と滝の音が物凄い!!ここだと称名滝とハンノキ滝のコラボが撮れる。水しぶきが橋まで飛んできて立ち位置によってはカメラがヤバい。

2_20180827211350e9f.jpg

展望台までたどり着く。ここは水しぶきが飛んでこないけど、ハンノキ滝とのコラボは撮れない。

6_20180827205409c00.jpg

動画を撮ってみた。風も強かったから風音もぼーぼー入ってます。



この後、バッテリー切れの警告ランプが点いたので撮影中止。他の写真が撮れなくなるー。

次の目的地は高速に乗って南砺市へ。道中、前が見えない程の豪雨で高速運転ヤバし。テントサイトが頭をよぎる・・・・。風も強い。大丈夫かな・・・・。車に打ち付ける雨の音が痛そう!

ナビでは到着してるけど場所が分からない・・・・。雨が強すぎて車外に出るのも躊躇する状況。旦那が下りて探し始めた。私はネット情報を探して案内板を見つけた!

赤祖父ため池の円筒分水漕

8_20180827205439b3d.jpg
*クリックで大きくなります。

ちっさ・・・・。が率直な感想(笑)。道路より一段下がってる、周りに柵が無いため近づかないと分からなかった。濁った水とこの豪雨が恨めしい・・・。富山は水がきれいな地域だからきっと晴れてれば澄んだ水が流れてるんだろうな・・・・。

1_20180818093424dd5.jpg

写真にも写り込む土砂降り模様(汗)。別角度から。

11_20180827211808805.jpg

写真だけ数枚撮って撤収。ちょっと出ただけで車内も3人ともびしょびしょ。体が濡れて寒くなってきた。近くのコンビニに停まってお昼ご飯。せっかく来たのにーーー。

雨が降ったりやんだりを繰り返す。降る時は土砂降り。あーあ・・・。テント死んだな・・・・。

下道で上市町の円筒分水槽へ。ここも分かりづらく、川沿いの細い砂利道を進む。豪雨で川が増水してたので怖かった・・・。道幅は車の轍分だけ。普通のセダン無理じゃね?この道で合ってる?軽トラ仕様の道・・・。が、奥まで行くと急に道も整備されて案内板もあり、車も余裕で停められる広さの場所が出てくる。信じて進みましょう(笑)。

上市川沿岸土地改良区の円筒分水場

7_20180827205440ea9.jpg
*クリックで大きくなります。

残念な事に水は流れておらず。あーあ・・・ここまで来たのに。

3_20180818093429e6e.jpg

水は2方向に流れるようになってます。周囲をぐるりと回って見れるようになってて、こんなキレイに整備されてるのにあの砂利道ってば・・・。観光客は来てほしくないのか(笑)?

9_201808272054159c0.jpg

心配してたキャンプ場へ戻る。外見上、テントとタープは問題なさそう・・・あ・・・倒れてないだけで張り縄は1本外れてる・・・・。ペグが飛び出てる。タープの中央に寄せた荷物も・・・若干湿ってる?風が強かったか。テント内は・・・・










浸水orz


去年懸念した上からの雨漏りが変わらず、下の座布団とマットとタオルケットを濡らす。インナーテントの立ち上がりの部分をシーム液で止水したはずが、四隅全て浸水してマットが濡れた。水溜りも出来てるorz 想定外の豪雨&暴風だったのかも。でももうメンテナンスは無理。シームテープが浮いてる。このテントも今年で丸10年。廃棄する覚悟が出来たよ。

とにかく今夜どこで寝るか、対策をしなければ。最悪次男だけ車で寝てもらうか?今の雨は小康状態。今夜も降ったり止んだりで昼間みたいな豪雨にはならなさそう。手持ちのタオルでテント内を拭き上げる。濡れたマットとタオルケット2枚、座布団カバー2枚は今夜だけだから乾燥機に掛けて乾かす。幸いテント内に敷いたインナーマットの下が端から40㎝位の部分が濡れてただけなので、拭き上げだけで対応できた。中央付近は大丈夫。インナーマットの下側はゴムっぽいから染みなかったのかも。

そして夜は何事もなく寝れる事が出来ましたとさ。撤収は楽ちん。テントはそのまま廃棄なので適当に丸めて収納袋へ。高山経由で無事帰宅。色々あったけど楽しい旅でした!夏のキャンプはもういいかな。暑過ぎる(笑)。夫婦だけになるこれからは秋キャン、春キャンも良いかもね~。




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する